読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stronger

ポケモン関連

7世代キャラランク

色んな人が書いてるのに触発されて書きたいなと思ったので。

評価はあくまで主観的なものになるので1ポケ勢の戯れ言ぐらいに思っていただければ幸いです。

評価はS~Bまでで分けました。
同ランクだと左であるほど評価は高いです。
画像がないので文字での叙述となります。

メガ進化

S ボーマンダ

A+ ゲンガー リザードンY

Aメタグロス リザードンX

A- ハッサム

B ギャラドス ガルーラ ルカリオ フシギバナ

簡易説明
S ボーマンダ→メガ前の特性、メガ後の火力、耐久、速さどれをとっても一級品で、一度舞えばゲッコウガ以外の主要スカーフポケモンを軒並み抜くことが出来、積みポケモンが蔓延する第七世代でも際立った性能を持つ積みポケモン。型も豊富で詰ませ性能もありメガの中で頭1つ抜けてる。

A+ ゲンガー→絶対正義の130族、影踏みがあまりにも強力で依然として高い性能を保持している。また相手の催眠術があまりにも強力。道連れ自体は弱体化したがあるかもと思わせるだけでも相手の自滅を誘発させる強さがある。カスタマイズ性能も高いので今後変な型のゲンガーが蔓延っても不思議ではない。

A メタグロス 環境に刺さってるという意味ではNo.1。ただ物理受けやハッサムで完全に止まる等対策は難しくないのでこの評価。対面性能は非常に高い。

A- ハッサム 環境に多いミミッキュカプ・テテフメガメタグロス等に強く出れ、蜻蛉返りでサイクルを回しながら終盤は自身で抜くことも出来るので他のBランクポケモンより個人的評価が高い。7世代において強力な切り返し技であるトリックルームの影響を受けにくく、環境に炎Pガルーラやハッサムを完封してくるサンダーが少ないのも追い風。ただ他の上位メガ進化ポケモンよりも優先してこのポケモンを使いたいと思わせる程の圧倒的な強さはないのが難点。このポケモンを使うなら相手のヒードラン入りのサイクルに負けないような構築を組みたい。

メガクチートは自分では現時点の評価が出来ないので今回は選外。


ここからは一般ポケモン

S ミミッキュ

A+ カプ・テテフ ランドロス(霊獣) ギルガルド ウルガモス カプ・コケコ

A カプ・レヒレ バシャーモ ゲッコウガ テッカグヤ ドヒドイデ

A- ガブリアス ポリゴン2  カバルドン パルシェン ジャローダ ロトム(火)

B ボルトロス(霊獣) スイクン マンムー ヒードラン フェローチェ トリトドン ウツロイド キノガッサ アシレーヌ オニゴーリ キュウコン(R)

簡易説明
S ミミッキュ→色々な人が説明をしてるので特に書くことがない。

A+ カプ・テテフ→スカーフと突撃チョッキの評価。メガゲンガーに勝てる型であることが最前提。メガ進化との補完が悪いポケモンが多いので個人的な評価は低いが客観的に見ると明かに強いのでこの評価。

ランドロス→S2で一番過労死したポケモン。S2において一番優秀なポケモンであったと考えているので強さよりも優秀さを評価してここのランク。

ギルガルド→同タイプにミミッキュがいなければもっと採用率が高いであろうと思わせるぐらいスペックの高いポケモン。霊Zの優秀さ、残飯型の高いサイクル性能等型も豊富。固有の特性により一般ポケ最強級の種族値でありながらタイプ補完にもすぐれ、また不利対面も取りにくい。S1からS2にかけてこのポケモンに対するプレイヤーの評価の上昇が著しいと各記事を見て感じた。

A カプ・レヒレ→水・妖の優秀なタイプから多くのメガ枠との補完として採用しやすい他、カプ系の中では一番自然な形で挑発を採用出来る。特定の構築にはぶっ刺さるポケモンで対戦に選出しても腐ることが少ない。カプZによる強引な崩しや特性ミストメイカーによりサイクル下での事故をなくすのも魅力。

ドヒドイデポリゴン2と同じく、明確な処理ルートがないと容易に詰まされるポケモン。黒い霧による積みポケモンへの回答、特性再生力によるゾンビのようなしぶとさからポリゴン2より評価の高いA。

A- カバルドン→A+やAは過大評価だと個人的に感じる。せいぜいA-ぐらいだと思う。堅牢さでもテッカグヤドヒドイデの方が相手にしにくく面倒だというのが私見である。

B スイクン→今後評価の変動が忙しそうなポケモン。詰め筋としてとりわけ優秀。何となく7世代だとスイクン入りの構築が綺麗に見えにくいと感じる。

トリトドン→7世代のトリトドンの評価が個人的に高い。

カビゴンブラッキー等は個体数が少なすぎるので自分には評価が出来なかったので選外。


人のキャラランクを見るのが好きなので今回こういう形で自分でも書く機会を設けれたのを嬉しく思います。
完全に主観による格付けなのでどんな意見でも真摯に受け止めます。
個人としても今後ともより良い結果を残せるように頑張りたいですね。